ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。
アナウンス(ページトップ):

ニホンミツバチ
ニホンミツバチ(重箱式内自然巣)の可動式巣箱への移し替え

forestgardianbee 活動場所:主な活動地は東京+東北です。全国津々浦々(対馬、茨城、宮城など)や海外(韓国、タイ、オーストラリア)でもミツバチ(ニホン・セイヨウ)や養蜂に関する講演やインストラクターに呼んでいただき活動しています。
ミツバチを愛する皆様方、初めまして。私は、大学院卒業後、現在も引き続き、ニホンミツバチの保全と持続可能な利用に向けた研究・教育・普及活動などを行って…もっと読む
投稿日:2017 7/22 , 閲覧 240
少し前の写真ですが、これからの時期は自然巣からの移し替えをよく頼まれます。

特にお盆前後は、お墓の巣の移し替えが多いです。

0

コメント2件

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2017 7/22

墓石内空間の自然巣は意外と大きいのに驚かされます(@_@;)

また、屋根裏自然巣など夏の暑さで巣板が落下して天井から蜂蜜が滴り落ちることで蜜蜂の営巣に気付いて保護を求められることもあります。屋根裏灼熱地獄での作業では無理矢理サウナに滞在させられる様なものでとても大変です(/o\)

forestgardianbee 活動場所:主な活動地は東京+東北です。全国津々浦々(対馬、茨城、宮城など)や海外(韓国、タイ、オーストラリア)でもミツバチ(ニホン・セイヨウ)や養蜂に関する講演やインストラクターに呼んでいただき活動しています。
投稿日:2017 7/22

ハッチさん、ありがとうございます。分かります!屋根裏での作業、大変ですよね。特に夏は・・・。私もお墓の中に入って作業したことがあるのですが(地元の名士のお墓で、私一人なら中に入れるくらい広かったです)、空気が薄い+蒸し風呂で窒息しそうになりながら移し替え作業をやりました。途中からうちわで新鮮な空気を送ってもらうようにして何とか完遂できました。

forestgardianbee 活動場所:主な活動地は東京+東北です。全国津々浦々(対馬、茨城、宮城など)や海外(韓国、タイ、オーストラリア)でもミツバチ(ニホン・セイヨウ)や養蜂に関する講演やインストラクターに呼んでいただき活動しています。

蜂友マップの投稿

お近くの蜂友を探すマップです。近くの人を探してみましょう。興味がある人がいたら、ミツバチQ&Aのメッセージ機能を使い、お互いにメールアドレスを公開することなく、連絡できます。

ユーザーランキング(日誌)

投稿中