ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。
gagag
アナウンス(ページトップ):

ニホンミツバチ
日本みつばちの夏型と冬型の色違い

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:2018 11/26 , 閲覧 398

蛹化時の温度の違いに因って蜂体色に違いが出るという日本みつばち、今の時期と夏とで比較してみました。

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/019/1903362700920000228.jpeg"]

左が寒い時期、巣脾につく蜂密度も高いですが色も濃いです。

右は夏の様子、蜂密度も低く体色は明るい色です。一見西洋ミツバチかと観間違う個体もあります!

帰巣する様子を観ていても褐色に見え、花粉の色が黄~白だと映えますよね(^^)

[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/040/4025705694555184099.jpeg"]

コメント14件

ハニービー2 活動場所:茨城県
投稿日:2018 11/26

自宅近くのセイダカアワダチソウに訪花するミツバチが、日本ミツバチか西洋ミツバチか判定できませんでしたが、この日誌をみてはっきり日本ミツバチであること、確信しました。(初心者には判定むずかしいですよね。)


[image="https://d3dlv5ug8g5jts.cloudfront.net/069/6989178637580339925.jpeg"]
kuni 活動場所:三重県鈴鹿市
投稿日:2018 11/26

おはようございます。

寒くなってくると、健全群でもなんとなく黒ポイ蜂が増えて

来たなと感じていました。疑問でした。

てっきり、冬場は日齢が夏より長いためだと勝手に思って

いました。分かりました。ありがとうございました。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2018 11/26

ハニービー2さん、おはようございます☀

判定の役にたって良かったです(^^)

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2018 11/26

kuniさんも自群の夏冬画像で比較してみてください(^^)/

たかちゃんマンゴーゴー 活動場所:香川県
投稿日:2018 11/26

ハッチさん こんにちは

とても勉強になりました

次は老蜂と若蜂の違いを画像で解説をよろしくお願いします。m(__)m

あいるとん 活動場所:愛知県 一宮市 バイパス同士がぶつかる辺り
投稿日:2018 11/26

こんにちは。

和も洋も区別できない初心者には、すごくありがたい資料となります。

初捕獲に向けてQAを活用していきたいと思っておりますので、見かけましたらアドバイスなどお願いしますm(_ _)m

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2018 11/26

たかちゃんマンゴーゴー さん、こんにちは!

年老いた蜂と生れたばかりの蜂の違いですね!! それ用に画像撮れたらUPします。

あいるとんさん、こんにちは!

初捕獲なるといいですね~。遠く宮崎の地から応援しています。


なっかん 活動場所:北九州市八幡東区河内です 知人の竹林に巣箱を置かせてもらっています。
投稿日:2018 11/26

なるほど、比べないとわかりませんね。よくわかりました。ありがとうございます。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2018 11/26

なっかんさん、こんばんは!

西洋ミツバチと比較してみると蜂体の大きさの違いもわかりますよ~(⌒‐⌒)

ちくたく 活動場所:茨城県北部
投稿日:2018 11/26

こんばんわ、こちらの方でも最近黒っぽい蜂がいて、雄蜂かなと錯覚します。ところで、

「蛹化時の温度の違いに因って蜂体色に違いが出るという日本みつばち。巣脾につく蜂密度も高いですが色も濃いです。蜂密度も低く体色は明るい色です。」(途中文章略)というくだりは、蜂蜜度の高低でみつばちの体色に違いが出ると受け取れるのですが、それでよろしいでしょうか。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2018 11/26

ちくたくさん、こんばんは!

誤解を招く書き方すみません。蜂密度と蜂体色は関係ありません。越冬期は密集し夏場は疎らになる違いと、越冬期は貯蜜を大切に扱い夏場は蓄えも多く働き蜂の腹部にも蓄えてあるみたいに蜂の体も大きめになってることも伝えたかったことです。

yamada kakasi 活動場所:愛知県 尾張圀、知多の郷
投稿日:2018 11/26

ハッチ@宮崎さん

ありがとうございます。2つを並べて比べる前は、こんなに違うとおもいませんでした。

この変化は、太陽光の熱吸収率の差によるものでしょうか、冬は吸収のよい黒、夏は反射のよい明色

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2018 11/26

山田さん、こんばんは!

考えも及びませんでしたが、太陽光の吸収で蜂体温にいい風に影響すればもしかしたらそのように遺伝的に残ってきたのかも知れないですね‼

西洋ミツバチで、明るいイタリアでは黄色い蜂種イタリアンが、同じ系統のものがアルプスで隔てられてオーストリア側では黒い蜂種カーニオランになってますから!

ちくたく 活動場所:茨城県北部
投稿日:2018 11/27

ハッチ@宮崎さん

よくわかりました。ありがとうございます。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部

蜂友マップの投稿

お近くの蜂友を探すマップです。近くの人を探してみましょう。興味がある人がいたら、ミツバチQ&Aのメッセージ機能を使い、お互いにメールアドレスを公開することなく、連絡できます。

ユーザーランキング(日誌)

投稿中