ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。
アナウンス(ページトップ):

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
みつばち達の外敵が多過ぎます。他にもたくさんありそうですね。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
2016.07から書籍とネットで勉強を始め、2017.04に1群をいただき、当QAで先輩諸氏に教わり、右往左往しながらみつばち達からも教わっています…もっと読む
投稿日:2017 7/28 , 閲覧 1,017

今春から飼育を始めて3.5か月、その間に外敵にあったのを画だけでも捕獲をとスマホで記録中です。

①クモ【ジョロウグモ】・・・巣箱周辺の草刈や整理整頓が必須です。

②かなへび【】・・・巣門横に貼り付いてペロリと捕食します。

③アブ【シオヤアブ】・・・スズメバチの天敵となる場合もあるようですが背後から抱きついて捕捉します。

④ツバメ・・・時騒ぎの時間に合わせて一家7~8羽が飛来するので被害甚大です。

8月中旬からはおそらくスズメバチ類が押しかけてくるのでしょう。

暫定画像・・・5月の女王蜂です。

その他の外敵に遭遇された方々はいらっしゃいますか。

+1
[第一回]ニホンミツバチ養蜂愛好家の実態調査のアンケートへのご協力をお願いします。 所要時間は5分ほどです。回答は、こちら

回答 3

カッツアイ 活動場所:岐阜県
平成27年に蜂友の方に重箱式巣箱で二ホンミツバチを譲って頂きの3群の世話をしました、 H27年は採蜜後の巣落ちで逃亡1群、とアカリンダ二症で2群が全…もっと読む
投稿日:2017 7/28

ACJ38さんこんばんは、私は日本ミツバチが訪花する花を写真で確認しています。
外敵ですか、沢山いますね、是非まとめて下さい、
私がいま困っているのは「アリ」です。ベテランの方にお聞きすると適当にミツバチの排出物、巣虫の駆除など役に立っているとの事ですが、最近蟻が入りミツバチが逃げてしまったとの話もあります、
その他巣虫・ゴキブリ。メンガタ、などいろいろ多いですね、
私も気が付いたら写真を投稿協力しますので、ミツバチが訪花している写真の投稿もお願いします。

0
yamada kakasi 活動場所:愛知県 尾張圀、知多の郷
投稿日:2017 7/29

こちらでは、ヤモリもよく見ます。拡大するとイグアナみたいですが、実際は、愛らしい小動物です。
蜂もアリも食べるようなナノで、功罪両方ですね。



ついでに、皆さんが挙げていた、メンガタスズメも写真も、
たいては巣箱の中に潜り込んでも、スズメバチの返り討ちにあうようです。
ミツバチの逆襲にあい、底板にミイラ状になっているのを、よく見つけます。


ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 7/29

カッツアイさん こんにちは、たくさんあるものですね。

アリは大小2~3種類が来ています。大きいクロアリは日中に、小さなアリは夕方~夜にかけて集団化しています。掃除をしてくれることはありがたいのですが、限度を超えるとみつばちの逃去の原因となるらしいのでやっかいですね。アリの巣コロリ、粉洗剤等で対処していましたが、今はコーンミールを撒いています。コーンミールを食べたアリは腹部の膨満により死に至るらしいです。

巣虫、ゴキブリ、メンガタスズメ(ドクロガ)は飼育以前に見たことはありますが直接的な害の場面にはまだ遭遇していませんが、できればこれからもお目にかかりたくはないものです。

訪花写真について承知しました。しかしながら、スマホ故の甘フォーカスと技量が技量だけになかなか良いショットを撮ることができません。今までに玉ねぎ、パセリへの訪花画像を投稿したことがあります。西洋ミツバチは色々な花々に訪花するので少々なら在ります。

これからも宜しくお願いします。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 7/29

山田 案山子さんこんにちは、ヤモリですか。居宅には結構住み着いているのですが巣箱にはまだのようです。名前の通り家を守ってくれるので巣箱も守ってくれそうですね。

メンガタスズメは別名ドクロガと呼ばれているようで不気味な感じがします。

カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:2017 7/29

ACJ38さん有難うございます、今後共宜しくお願いします、少しづつ近くにも日本ミツバチが集まってきました、
半径2km圏内に現在9群が居るようになりました、それでもまだ訪花の写真がなかなか撮れません、
季節が変わり新しい花が咲くとシャッターチャンスが来ますので、頑張って撮って行きたいと思います。


ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:2017 7/28

巣門前でヒキガエルからペロリとやられることがあります。カエルが丸々と肥えていることがあり=相当数の蜂が食べられていることを意味します(/o\)

ゴキブリも弱群には脅威になってると想像してます(。>д<)

0
小山 活動場所:京都府
投稿日:2017 7/28

カマキリ、ムカデも強敵です。


ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 7/29

ハッチ@宮崎さん こんにちは、割けそうに膨らんだ腹のカエルが頭に浮かんできました。相当な数の被害ですね。

ゴキブリも巣箱に侵入してくるとは厄介です。弱群の場合には泣きっ面にゴキブリですか。

小山さん こんにちは、カマキリがまさか両手で二匹を捕らえるとは思いもしませんでした。ムカデとみつばちとでは動きが違うのでよもや補足されるとは思いませんでした。素晴らしい両動画をありがとうございました。

皆様方はこれらに対して何か対策を講じられているのでしょうか、それとも自然にまかせられているのでしょうか。

猫の尻尾 活動場所:秋田県県南の豪雪地帯
蜜蜂のいそうな場所に、待ち受け箱をおかせてもらって、3年目で入居しました。豪雪地帯で、11月から4月まで雪があるので、蜜蜂が蜜を集められる期間は7ヶ…もっと読む
投稿日:2017 7/29

ACJ38さんこんにちは。うちは、今、オニヤンマが来ています。巣箱に向かって飛んで、ターンして行ったり来たりしながら、蜜蜂を捕食しています。昨年は5匹捕まえて遠くに放してきましたが、すぐに別のオニヤンマがきてるようです。オニヤンマが飛ぶ期間はそんなに長くないので無視しようかとも思いますが、1日に何匹くらい犠牲になるのか気になります。

0
ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 7/29

猫の尻尾さん こんにちは、オニヤンマですか。さぞかし自然豊かな環境なのでしょうね。もう50年以上前には当地でも結構みかけたのですが、あの目玉の奥では一体何を考えているのだろうと思ってしまいます。現在は、シオカラ、ムギワラ、アカネ等が飛来していますが補足数はそれほどでもないようです。飛行速度が速すぎてシャッターが間に合いません。

我がちびっ娘たちはトンボの害は少ない代わりに、毎日複数のシオヤアブに捕食されています。毎日見つけてはタモで捕るのですが何処かから湧いてきているようです。

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中