ログインまたはユーザー登録してからコメントしてください

ログインまたはユーザー登録してから回答してください

ログインまたはユーザー登録してからいいね!してください

ミツバチQ&Aで日本中の養蜂家と交流するにはユーザー登録またはログインしてください。
ユーザー登録すると最新の投稿をメールで受け取ることもできます。
gagag
アナウンス(ページトップ):

この質問は1年以上前に投稿されたもので、情報が古くなってしまっている恐れがあります。ぜひ新しく質問してみてください。 新しく質問する

ニホンミツバチ
日本蜜蜂の点検時の底板に大量の死蜂と絶命間近が、原因をご教示ください。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
2016.07から書籍とネットで勉強を始め、2017.04に1群をいただき、当QAで先輩諸氏に教わり、右往左往しながらみつばち達からも教わっています…もっと読む
投稿日:2017 5/27 , 閲覧 3,736

この4~5日前から出入りするみつばちが急増して2日前に巣門・巣門枠兼木製台に交換し、4段目の継箱も同時に実施した4/16~分蜂群です。今夜内検時の底板に異常を確認しました。巣箱の周辺には確認できず底板のみでした。13匹中舌を出しているのは10匹です。20日前にも1〜2匹/日の死蜂が3日続いた事がありました。前回に比べてみつばちの胴回りが太いような気がします。まだどうにか動いているのが数匹いますので助けられるものならその手だてと今後の対策はどうしたものでしょうか、ご教示願います。

[uploaded-video="b2f6af1042e311e7b08c892e4bcec794"]
+1
[第一回]ニホンミツバチ養蜂愛好家の実態調査のアンケートへのご協力をお願いします。 所要時間は5分ほどです。回答は、こちら

回答 3

カッツアイ 活動場所:岐阜県
平成27年に蜂友の方に重箱式巣箱で二ホンミツバチを譲って頂きの3群の世話をしました、 H27年は採蜜後の巣落ちで逃亡1群、とアカリンダ二症で2群が全…もっと読む
投稿日:2017 5/28

ACJ38 さんおはよう御座います。
私も昨年7月に経験があります。巣門中で大量に死んでいました、

長い舌を出して死んだりこの写真の様に足を震わせたりでした。死に始めて
9日目10日目2日間の朝などは、巣門を開け中を覗くと1000匹位の死骸の山でした、

最初は10匹くらいから徐々に多くなり7日目100匹・8日目500匹・9日目1000匹とビックリしました。
流石に9日目には20km離れた静かな処に、巣箱を移し砂糖水の給餌をしました。
移動先1日目、死に始めて10日目それでもダメかと思うくらい1000匹死んでいました。

11日目は嘘のように死骸は少なく30匹くらいになり、
約6000匹位の蜂に減少しましたが、死ぬ蜂は無くなりました。
給餌を続け正常の姿になり安心しました。

この死亡原因は農薬との事でした、憎きネオニコチノイド系農薬。

それは、農薬のついた花粉を集め巣に戻った蜂から、花粉を舐め花粉を処理した巣内の働き蜂蜂、そしてその花粉を餌に食べた新蜂が約10日間死に続けたわけです。
そんなことで、今回の死の原因は農薬と思います。

 


ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 5/28

カッツアイさん 見たくない現象の動画ですが現実を直視せざるを得ないものなのですね。私の場合は遠地に移動するところも無いので今回の件が短期間で収束となるよう願うばかりです。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
昭和59年10月4日、人家の壁内に営巣していた日本みつばち群をラングストロス(巣枠入り)巣箱に収容して以来、飼育を継続しています。翌昭和60年の春か…もっと読む
投稿日:2017 5/28

農薬が強く疑われます。農薬散布により薬剤が付着した蜂が帰巣してそれを舐め取った蜂が死んだのではないでしょうか

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 5/28

ハッチ@宮崎さん おはようございます。早々とお教えいただきありがとうございました。

巣内にいた他の蜂が薬剤が付着した蜂の体をきれいにするために舐めた結果ということは、危険を察知したみつばちが互いに体を舐めあってきれいにしているということでしょうか、それとも普段から舐めあっているのでしょうか。採蜜してきたものを互いに舐めることは考えられないので。

 今朝も底板に2匹の亡骸を確認してきました。役割に忠実な彼女達の冥福を祈るとともに、女王蜂への影響がないことを願うばかりです。

ハッチ@宮崎 活動場所:宮崎県南部
投稿日:2017 5/28

女王蜂フェロモンが常に巣全体に拡散して群は安定感を保ちます。働き蜂の卵巣が抑制されて働くのもそのためです。フェロモンは女王の体を舐めて受けとり~群全体にいきわたります。

女王不在にすぐに気付き大騒ぎしたり、分蜂時に集団するのもこのフェロモンに寄ります。

働き蜂間でもグルーミング行動でダニ寄生を防いでいる様に常にやり取りがあります。

カッツアイ 活動場所:岐阜県
投稿日:2017 5/28
[uploaded-video="6d2d27a0432b11e78f7e8d6843080794"]

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 5/28

ハッチ@宮崎さん 普段はダニ寄生を防いでいるグルーミング行動も今回は裏目に出たということがわかりました。ありがとうございました。普段から良く観察して異常がないか見守っていきます。

國高 活動場所:徳島県南部
投稿日:2017 5/28

こういった経験はありませんが、見るに忍びないですね。こういった環境に人間も生活していると自覚というか覚悟も必要なんでしょうか。ニホンミツバチは環境のバロメーターですね。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 5/28

今しがた底板を点検してきた結果、この17hは無事だったようです。農薬被害はこれからもありそうで怖いです。事前に散布案内でもあれば当日は巣門を閉じるなど対策も講じることができるのですが。人体にも何らかの影響を受けていそうで、気づいた時には手遅れとなりかねません。間もなく巣立ちを迎えるコウノトリも大丈夫か心配です。

onigawara 活動場所:福岡県朝倉市
日本ミツバチは森林組合の友人から2012年巣蜜をいただいたのと山荘の薪小屋に日本ミツバチがたくさん来ていたので何か自分でも知らないうちにやっていまし…もっと読む
投稿日:2017 5/29

ACJ38さん お早う御座います。ミツバチは農薬だけじゃなくて除草剤でもびっくりするほど死にます。特に5月の25日~6月上旬の大きくなった雑草(花が咲いている)に頭から除草剤をかけられると1週間程度で治まりますが、かなりの蜂の死骸ができます。蜂が死に出したので周りの畑を観察してみたら7反ほどある(同じ地主畑3枚で)畑の草が微妙に頭が下がっている草があると思っていたら1週間ほどで真っ赤になり枯れてしまいました。蜂が死んでいった日と同じ日の散布と思われます。

除草剤とよる死骸です。

長い舌出して死んでいます。1週間ほどで治まりました。除草は草刈り機(特に花が咲いている場合は)でお願いしたいですね。

ACJ38 活動場所:徳島県北部
投稿日:2017 5/29

onigawaraさん こんにちは  長い舌を出したり足をピクピクさせながら横たわっている姿を見るにつけ居たたまれなくなります。3週間ほど前に近隣で除草剤を噴霧していたので確認すると、グリホサートイソ云々だから草の葉から浸透して根を枯らし、土中で影響のない物質に分解するので人畜には影響が無いと言われました。除草剤にしろ農薬にしろ人間の生産性追求のせいで彼女達の生命までを左右することは身勝手すぎるように思います。いずれ人間にも何らかの影響が出てくるかも知れません。そうなる前に何らかの解決策を見いだせないものでしょうか。とはいえ、スズメバチをトラップで捕獲していることは人間のわがままで、必要最小限に抑えたいと思います。

疑問は解決しましたか?

困ったことがあれば、気軽に聞いてみましょう。似た質問がすでにあっても遠慮はいりません。状況は1人1人違います。また最新の情報が出てくるかもしれません。

質問する
投稿中